ピオリナの使用するうえでの注意は?副作用の心配はある?

ピオリナの副作用は?

頬やあご、鼻の赤み、いわゆる赤ら顔に悩む方のために開発された化粧水「ピオリナ」。

 

使い続けていくうちに肌の質が変わった、季節の変わり目の肌トラブルがなくなった、乾燥しがちだった肌が潤った、赤みが目立たなくなってきたなどピオリナの効果を実感している人がたくさんいるようです。

 

でも、効果があると聞くと、気になるのは副作用などの安全性ですね。

 

お肌に毎日使うものですし赤ら顔で悩む人は肌が敏感なことが多いので、副作用などでお肌が荒れたり健康を害したりすることはないのか安全性をきちんと確認しておきたいですよね。

 

ここではピオリナの成分から副作用の心配はないのか、安全性についてまとめました。

 

ピオリナは肌に負担をかけない無添加配合

赤ら顔の人は肌が敏感だったり肌に何らかのダメージを受けていることが多いので、そういう肌でも安心して使用できるように肌に負担のかかる添加物は配合されていません。

 

パラベン、フェノキシエタノール、鉱物油、アルコール、着色料、香料は配合されていません。

ピオリナの有効成分は安全?

赤ら顔の原因の根本にアプローチするピオリナですが、その有効成分に副作用など体に害のある成分は含まれていないのでしょうか?

 

成分の中でも含有量の多いものについての安全性を調べてみました。

オタネニンジン根エキス

お肌のターンオーバーを活性化しお肌のエイジングケアによく使われる成分で美肌効果があります。
漢方薬として古くから親しまれており、食用にもなる安全性の高い成分です。

ブクリョウ

保湿力に定評のある成分で、これだけで赤ら顔対策として使用されることもあります。
ホルモンバランスの調整や更年期症状の薬としても使われ安全性の高い成分です。

マグワ根皮エキス

メラニン色素の生成を抑えシミやそばかすを防ぎ、何かとくすみがちな肌のトーンアップをサポートします。
保湿力や消炎作用もあり、天然由来のお肌に優しい成分です。

ラメラ構造セラミド

バリア機能の回復に欠かせないセラミド。
セラミドの中でも、もともと肌に備わっている天然ヒト型セラミドが使用され、肌に刺激や負担がありません。

進化型ビタミンC

通常のビタミンC誘導体よりも美白効果が高く、刺激も少ない進化型ビタミンCを使用。
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na とも呼ばれています。

 

*成分は十分に安全性を配慮して配合されていますが、中には稀にアレルギー反応を起こすものもあります。実証試験では使用者の93%に刺激や肌荒れがみられないことが確認されていますが、アレルギー体質や敏感肌で心配な方はパッチテストをしてから使用することをオススメします。

最後に

ピオリナは副作用の心配はなく安全性の高い化粧水だということが分かりました。

  • 赤ら顔のケアができる化粧水を探している方
  • 敏感肌でなかなか自分の肌に合う化粧品が見つからない方
  • 赤みが気になるけれどレーザー治療などは不安な方
  • ニキビの赤みも消したい方

このような方にピオリナはお勧めです!

 

赤ら顔だけでなく乾燥や肌荒れ、ニキビなどの改善効果もあり肌全般のトラブルに期待できる化粧水です。

 

敏感肌にも優しい処方になっているので、なかなか解決できない肌の悩みがある方はぜひピオリナを試してみて下さいね!

 

また、ピオリナの全成分や詳しい効果については公式サイトに記載されていますので、そちらをご覧下さい。

 

>>ピオリナの最安値はこちら