ピオリナでニキビ跡もきれいになる?

ピオリナはニキビ跡にも効果あり?

さまざまな雑誌でも紹介され、お客様満足度96.7%を誇る赤ら顔専門の化粧水ピオリナが話題になっていますね。

 

ピオリナは肌のバリア機能を回復させ弱くなってしまった肌環境を整えてくれるので、赤ら顔だけでなく乾燥や肌荒れ、ニキビなど肌トラブル全般に効果があると喜ばれていますが、ニキビ跡も改善することができるのでしょうか?

 

なかなか治すのが難しいニキビ跡ですが、赤ら顔専門化粧水のピオリナがどのようにニキビ跡に効果があるのか、ピオリナの特徴や成分から見ていきたいと思います。

 

 

赤ら顔専門化粧水ピオリナの主な有効成分は?

肌荒れや乾燥、老化やスキンケアによる負担など、毛細血管の拡張を引き起こす外的要因に負けない丈夫なお肌を作り出す化粧水、ピオリナですが、まずはその注目の成分を見ていきましょう。

厳選された漢方エキスのハイブリッド配合

血液環境を正常に戻してくれる「オタネニンジン根エキス」でお肌のターンオーバーを活性化し、優れた保湿効果のある「ブクリョウ」でしっかり潤いをキープ。
そして、美白に効果のあるという「マグワ根皮エキス」でメラニン生成を抑制し、シミやそばかすを防ぎながらくすみのないワントーン明るい肌へと導いてくれます。

ラメラ構造を構築するセラミド

お肌は水分と油分が交互に重なったラメラ構造という造りになっていますが、これが崩れるとお肌のバリア機能が低下してしまいます。
セラミドはこのラメラ構造の主成分ですが、ピオリナは肌馴染みの良い天然ヒト型セラミドをたっぷり配合しバリア機能を向上させます。

進化型ビタミンCで美白

従来のビタミンC誘導体よりも浸透率、美白効果の高い進化型ビタミンCが使用されています。
ハイブリッド漢方エキスやセラミドなどの有効成分によって整えられたお肌に美白攻撃を仕掛けていきます。

ピオリナがニキビ跡にも効果的な理由は?

ピオリナにはグリチルリチン酸ジカリウムという成分が配合されています。

 

これは天草由来の漢方の原料としても知られていますが、消炎効果や保湿効果があり古くから抗炎症剤としてニキビケアや肌荒れに利用されています。

 

ピオリナに配合されているグリチルリチン酸ジカリウムでニキビが抑えられ、またニキビ跡の色素沈着の改善のスピードアップ効果も期待することができます。

 

つまり、ピオリナは漢方エキスやセラミドでお肌を整え、グリチルリチン酸ジカリウムで炎症を抑えながら進化型ビタミンCで美白効果といった、ニキビやニキビ跡を含めた赤ら顔の原因を広範囲でカバーしている化粧水だと言えますね。

効果を感じるには継続が鍵!

お肌には生まれ変わりのサイクルがあり、一般的には28日周期だと言われています。

 

ただ、生活習慣が乱れがちだったり、また、加齢などによってもこのターンオーバーのサイクルは長くなる傾向にあります。

 

お肌の質を変えるには、このサイクルを何度か繰り返して丈夫なお肌に生まれ変わる必要があります。

 

なのでターンオーバーのサイクルが長い人ほど肌質が変わるのに時間がかかることになります。

 

ピオリナにいくら効果的な成分が含まれてるといっても、赤ら顔やニキビ跡にしっかりと効果を感じるまでにしばらく時間がかかるので根気よく取り組むことが必要になります。

 

ピオリナでお肌の調子が良く感じたらすぐに赤みが引かないからといって諦めずそのままお手入れを続けてみて下さいね。

 

>>ピオリナの最安値はこちら