ピオリナの使い方で効果もアップ!

ピオリナの使い方とは?

赤ら顔専用の化粧水として話題を集めているピオリナ。

 

今まで赤ら顔のケアは専門家もよく分からないという状態だったのですが、ピオリナの研究開発者によって多くの場合は間違ったスキンケアからくる肌の毛細血管の拡張が原因だということが突き止められました。

 

その結果、赤ら顔の原因を根本から対策するために作られたのがピオリナです。

 

このピオリナですが、より効果を実感するために正しい使い方というのはあるのでしょうか?

 

間違えた使い方で効果半減というのでは悲しいですからね・・・ 

 

ピオリナの正しい使い方とさらに効果をアップさせるためのちょっとしたポイントを紹介します!

 

赤ら顔対策にピオリナ!使い方の説明

1)まず洗顔をして肌を清潔にします。水気を拭き取り、500円玉大ほどのピオリナを顔全体に馴染ませます。

 

2)両手で顔全体を包み込むように押さえ、ぎゅーっと奥まで浸透させます。

 

3)しっかりとピオリナを浸透させたら乳液やクリームなど普段のお手入れをして下さい。

 

ピオリナの基本的な使い方はこれだけです。

 

ピオリナには保湿の持続性があるので長時間潤いを感じることができると思いますが、できれば朝晩2回ケアしてあげることによって潤いをしっかりとキープ、効果を実感しやすくなります。

 

普段の化粧水をピオリナに替えるだけで、いつもやっているお手入れとあまり変わらないと思うので簡単にできますね♪

さらに効果を実感!ピオリナのオススメケア!

次に、ピオリナの基本的な使い方に加えてより効果の実感できる使い方をご紹介します!

 

1)一度にたくさんつけず、少しずつ重ねづけする

 

ピオリナはを一度にたくさん肌につけても浸透しずらく、なかなか化粧水が肌に入っていきません。

 

一度にまとめてたくさんつけようとするのではなく、数回に分けて重ねづけしたほうが浸透しやすく効果的です。

 

2)気になるところはコットンでパックする

 

赤みや乾燥が気になるところはコットンパックで集中ケアをしてあげましょう。

 

ピオリナをコットンにたっぷり含ませ肌の上に数分おきますが、この時コットンが乾燥してしまうと反対に肌から水分を奪い取ってしまうので逆効果になってしまいます!

 

コットンが乾かない程度、また、長持ちさせたい場合は上からラップなどを貼ると乾燥を防ぐことができます。

 

3)冷やして収れん効果アップ!

 

ピオリナをしみ込ませたコットンをラップに包んで冷蔵庫に入れておけばひんやりとしたパックができます。

 

赤ら顔は毛細血管が拡張され赤く見えるので冷やしてみるのも良い方法ですね。

 

特に夏場はひんやり気持ち良くリラックス効果も望めそうですね。

最後に

今まで赤ら顔対策といえばファンデーションを分厚く塗ったりする「隠す対策」がメインでしたが、これからはピオリナで根本的原因から改善。

 

赤みをかくすのではなく、肌環境を正常に戻し赤みを作らない丈夫な肌作りのお手伝いをしてくれます。

 

間違ったスキンケアで悲鳴を上げているお肌のためにも、ぜひスキンケアの一環にピオリナを加えてみて下さい。

 

今なら初回限定72%オフ。激安お試し価格で試してみることができますよ!

 

>>ピオリナの最安値はこちら